2600mAhの大容量!Powerextra Canon LP-E6N互換バッテリー

シェアする

愛用の一眼レフカメラ「Canon EOS 80D」の純正バッテリーはLP-E6Nという形式なのだけども、これが普通に買うと値段が超高い。そもそもメーカー小売価格で8500円もするし、Amazonで買っても7000円台後半の価格帯となっている。

予備バッテリーは欲しいけども、純正品は高くて買えない。そんな僕は過去2回社外バッテリーを購入してきた。ただ、社外バッテリーは1年半ほど使用すると劣化が顕著に見えてくることが、過去の経験から分かってきている。今回もまた前回購入したバッテリーが弱ってきたので、新しいバッテリーを買ってみた。

去年の5月ごろの話だが、仕事の都合で一眼レフカメラが必須になりCanon 80Dを買った。そしてバッテリーが1つだけじゃ心もとないので、社外...
Canon EOS 80Dのスペックを見てると、電池満タンで1380枚撮れるとか書いてあるけど、結局場合によるよね。僕の場合は大体3日間ぐら...
スポンサーリンク

Powerextra Canon LP-E6N互換バッテリー

今回買ってみたのはPowerextraというブランドのLP-E6N互換バッテリー。中華ブランドにありがちなシンプルなパッケージで届いた。

パコっと開けるとまさかの中にさらに箱が。しかも特にブランド名も製品型式も書いてない。なんだかすごくカメラ用品っぽいカラーリングだけど…。

肝心の中身はこのように、

  • バッテリー×2
  • Thank Youカード
  • マイクロファイバークロス

が入っていた。マイクロファイバーみたいなオマケって別に要らないんだけど、ついてくるとちょっと嬉しい。

バッテリーはシボ加工された表面が純正との違いをアピールするが、それと裏面のステッカー以外に特に変わったところはなし。互換バッテリーなので当然だが。バッテリーカバーもカチッとはまって純正品とそん色なし。

純正バッテリーとの比較

純正バッテリーと並べてみても、表面加工と裏面のステッカー以外に違いはなし。ただしそのスペックは違いがあって、

Canon純正Powerextra
電圧DC7.2VDC7.4V
容量1865mAh2600mAh

というように、Powerextraのほうが0.2V定格電圧が高く、容量は39.4%アップとなっている。容量アップを謳う社外バッテリーの実容量はあまりあてになったことがない(結局純正バッテリーと変わりない使用時間だったりする)のだが、過去購入してきた社外バッテリーよりも容量が大きいので少し期待はしたい。

使用上特に問題はなし

複数回このバッテリーで写真を撮ってみたが、今のところ特に問題はなし。バッテリーの持ちは(3年使って弱ってきている純正バッテリーとの比較にはなるが)なかなかいい感じで、使い方次第だが丸一日撮っても大丈夫そう。耐久性としては、1年半ぐらい持ってくれれば上等だが、そこは分かり次第追記したい。