2000円で128GBのmicroSDカード!?SanDisk Ultra microSDXC 128GBを買ってみた

シェアする

音楽プレイヤー(DAP)用に大容量のmicroSDカードが欲しかった。かつてSONYが「音楽用の高音質microSDカード」としてSR-64HXAなるものを発売していたこともあったけども、はっきり言ってそんな眉唾物に高い金を出す気はさらさらない。アクションカメラで4Kの高画質映像を撮りたいわけでもないので、読み書き速度にはこだわらず、とにかく容量が大きく価格の安いmicroSDカードが欲しいと思ったのだ。

スポンサーリンク

価格あたりの容量を重視したら、SanDisk Ultraになった

そこでいくつか製品を比較して選んだのが、SanDisk Ultra microSDXC UHS-1 Card。128GBという超大容量モデルながら、Amazonでわずか2000円で買えてしまう(2019年5月時点)のだ。並行輸入品とはいえ、SanDiskブランドがこの価格…本物なのか?

印刷はきれいだし、パッケージに怪しい部分もないけど…。

どうやら本物らしい

H2testwで調べてみたところ、容量はきちんとある。実際に使用できる容量は119GBだった。

またCrystalDiskMarkで速度を調べてみたところ、読み書きスピードも十分速い。というかReadがパッケージ上の公表値である80MB/sを超えてる…。4K映像の撮影には物足りない部分こそあれ、これならフルHD動画の撮影ぐらいなら難なくこなせるはず。もちろん音楽プレイヤー用としては不満なんてないはず。さらにSanDiskのマイページで製品登録もしてみたが、無事に登録され、7年間の保証までついてきた。どうやら本物らしい…。

もちろん音楽プレイヤー用として最適

オーディオ製品に対してそこまで強いこだわりがあるわけじゃないのだけど、どうせ聞くなら、予算の範囲でなるべくいい音で聞きたいと思う程度にはこ...

もちろんそれ用に買ったので当然だが、音楽プレイヤーHIDIZS AP80にこのmicroSDカードを差し込み、音楽ファイルを入れた。もちろん全くスムーズに音楽が聴けるし、音質の差も僕の耳や環境では全く不明。これほどの大容量が埋まるほどの音楽データは持ち合わせていないが、今後はハイレゾやFLACなどの大容量ファイルで保存しても余裕たっぷりなのが嬉しい。