eMeet C960:AmazonベストセラーのWEBカメラは、USB接続で簡単セットアップできて超便利だった

5.0
PC周辺機器

世の中的にWEBカメラを使ったオンライン会議やオンライン飲み会の機会が増えたのだが、すごく残念なことに、僕の手元にはカメラ付きのパソコンが一台もない。何ならマイクも付いてない。だからそういう機会がある時は毎回一眼レフマイク、そしてイヤホンを繋がねばならず、面倒極まりなかった。

…まぁそんなにオンライン会議をする機会なんて無いし、オンライン飲み会なんて結局はやり始めたときに1~2回やっただけなのでそんなに困ることはなかったのだけども、この度定期的にオンライン会議をやることになった。こうなるとさすがにやり方を変える必要が出てきた。

スポンサーリンク

eMeet C960

というわけでWEBカメラを買おうと思ったのだが、カメラとマイクさえついてればOKなので、その条件でなるべく問題なく使えそうなものを探してみる。Logicoolのカメラはかっこいいのだけども、やっぱりそれなりの値段がするので、Amazonでベストセラーになっているものをチョイスした。

それがこのeMeet C960。時期にもよるだろうが、およそ3000円以下で購入できる。

  • フルHD画質(1080p)
  • 視野角90°
  • 焦点範囲5cm~500cm
  • 2つのマイク内蔵で360°収音
  • USB接続
  • ドライバー内蔵
  • 三脚対応のユニバーサルクリップ

と、必要十分なスペック。フレームレートが書かれていないので、蛍光灯の下だとフリッカー現象が起こらないかどうかが気になるが…。

中身は本体・取扱説明書・保証書と十分。

前面にはカメラ、上面には二つのマイクが備わっている。さもスピーカーが付いていそうなデザインだが搭載されていない。上位モデルはスピーカーの造形がダミーではなくなるらしい。

背面からはケーブルが伸びる。ケーブル長は実測約180cmなので、設置場所の自由度はかなり高い。

底面にはマルチクリップと、三脚用のネジ穴が備わる。

ディスプレイや三脚に簡単に設置できる

マルチクリップは自由度が高いので、デスクトップ用のディスプレイや、最近のノートパソコンの超薄型ディスプレイにも簡単に引っかけることができた。安定感のある位置にひっかけた後はカメラ本体の上下方向を変えることもできるので、ある程度自由な画角が取れる。

三脚穴を利用すればさらに画角が自由になる。ネジ穴の深さも十分なので、一般的な三脚であれば問題なく装着できると思われる。三脚に立てて画面の正面に置けば自然とカメラ目線で会議に参加できるので、他の人よりちょっと優位に立てるかもしれない。ダミーのスピーカー部分が邪魔だけど…。

画角は少し広めだが画質とマイクは十分

eMeet C960は視野角90°というだけあって、画角はちょっと広め。実際に撮影した映像を加工したものがこちら。

プライバシーに配慮しすぎてよくわからない写真になってしまった…。

一般的なパソコン内蔵型カメラだともっと画角が狭く、多少引いても肩から上が映るぐらいだと思うのだが、eMeet C960だとヘソから上が映るぐらいの画角になる。顔をアップにしたくない人はいいかもしれないが、部屋の中にあるいろんなものが映りこんでしまうのはちょっと考え物。もうちょっと画角狭くてもいいのにな…。ただ焦点範囲も広く背景まである程度ピントが合うので、2~3人を撮影するならちょうどいいかもしれない。

画質はそんなにきれいではないが、オンライン会議をするぐらいであれば問題ない程度。むしろ適当なノートパソコン内蔵カメラよりはずっといい。

マイクの性能もWEB会議用としては十分で、普通の音量で話せば相手にちゃんと伝わる。収音範囲も広めなので、こちら側に複数人いても対処できる。

フリッカーが出る場合の対処法

特に蛍光灯の下でこのカメラを使う場合、黒い横縞が撮影している映像に出る場合(フリッカー現象)があるかもしれない。eMeet C960はドライバー内蔵型でその辺の設定ができないのが辛い。

ただWindows10 OSのパソコンなら純正の「カメラ」アプリで対処できる。

eMeet C960をUSB接続した後にカメラアプリを起動。右側の「ビデオの撮影」または「バーコード」を選択して、右上の「設定ボタン(歯車のマーク)」をクリック。「ちらつき低減」という項目があるので、これを50Hzか60Hzのちらつきが出ない方に設定すればOK。

ただ不思議なことにこの「ちらつき低減」という項目、なぜか出てきたり出てこなかったりする。ビデオ撮影で出てこない時はバーコードに切り替えると出てきたりもする。出てこない時はもう一度カメラアプリを起動すると出てきたりもするので、根気よく試してみる必要があるかもしれない。

一度設定すれば後はその状態で撮影されるので、ZoomだろうがSkypeだろうがオンライン会議ソフトを問わずちらつきが無い状態で使える。

安価で簡単、性能も十分なWEBカメラ

というわけでこのeMeet C960、安価で簡単設定、かつ十分に使えるWEBカメラだった。実際にeMeet C960で何回かオンライン会議に参加してみたが、相手側からの反応も好評。会議ソフトの機能を使えばカメラを切ってマイクだけ使うこともできるし、その時もクリアに声が届いていたようだ。WEBカメラが無い人は一つ持っておくといいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました