Canon LP-E6N互換で最もオススメの社外バッテリーはどれ?【EOS 80D】

シェアする

Canon純正のバッテリーは値段が高すぎるので、愛用の一眼レフカメラEOS80D用には、これまで僕は社外バッテリーばかりを買ってきた。

ではぶっちゃけその中でどれが一番良かったのか?

それについて書いていこうと思う。

スポンサーリンク

購入したのは3種類

これまで購入した社外バッテリーは3種類。購入した順番に、

  • WELLSKY LP-E6 / LP-E6N 互換バッテリー
  • RAVPower RP-BC003
  • Powerextra Canon LP-E6N互換バッテリー

となっている。いずれも2500~3500円程度で2個入りという、8000円/1個と高価な純正バッテリーに比べると圧倒的に安価な製品ばかり。さてその中でもっともよかったのは…

3位:WELLSKY LP-E6 / LP-E6N 互換バッテリー

3位は一番最初に購入したWELLSKY LP-E6 / LP-E6N 互換バッテリー。2350mAhという純正(1850mAh)を大きく上回る容量を発揮しながら最下位に落ちたその原因は、コストパフォーマンスにある。

2個入りで約3300円という価格は純正に比べれば圧倒的に安価ながら、社外バッテリーとしては若干高価な部類に入る。それでいて初期状態から電池の持ちは純正と変わらないか、あるいは若干劣る程度。耐久性は約2年弱の使用で劣化が顕著になってきた。

Canon EOS 80Dのスペックを見てると、電池満タンで1380枚撮れるとか書いてあるけど、結局場合によるよね。僕の場合は大体3日間ぐら...

2位:RAVPower RP-BC003

2位はRAVPower RP-BC003。こちらは純正の定格電圧が7.2Vに対し7.4Vと若干ハイパワーで、かつ容量も2000mAhと純正よりも150mAh大きい。

特筆すべきは薄型のツインチャージャーが付属する点で、純正よりも圧倒的に持ち運びに便利なサイズの充電器は、使い勝手が最高。microUSBから給電するためか充電速度は決して速くないが、一晩放っておけば空状態からでも余裕で満充電できるので何ら問題ではない。

肝心のバッテリーの性能も悪くなく、初期状態では純正と比較しても遜色ないレベルで電池の持ちがよかった。一年半の使用で劣化が見え始めたので耐久性には少し劣るかもしれないが、充電器とセットで約3500円というコストパフォーマンスの高さが光る一品だ。

去年の5月ごろの話だが、仕事の都合で一眼レフカメラが必須になりCanon 80Dを買った。そしてバッテリーが1つだけじゃ心もとないので、社外...

1位:Powerextra Canon LP-E6N互換バッテリー

堂々の1位は最近購入したばかりのPowerextra Canon LP-E6N互換バッテリー。最大の特徴は7.4V 2600mAhという超大容量。てっきりブラフかと思ったが、実際に使ってみてものすごく電池の持ちがよかったのだ。

1日1000枚以上のシャッターを切り続けても電池消費はカメラのインジケーターで3/4残っており、2日間は余裕で連続使用可能なのは間違いない(仕事上不安なので電池交換はしたが…)。新品状態の純正バッテリーをも圧倒する電池の持ちは高く評価に値するし、そんなものが2個セットでわずか約2600円で購入できるのだから、コストパフォーマンスに優れている。

耐久性に関してはこれから観察していかねばならないが、ほかの社外バッテリーと同様に1年半も持てば上出来だろう。

愛用の一眼レフカメラ「Canon EOS 80D」の純正バッテリーはLP-E6Nという形式なのだけども、これが普通に買うと値段が超高い。そ...

殿堂入り:Canon純正LP-E6Nバッテリー

最後に堂々の殿堂入りなのはCanon純正のLP-6Nバッテリー。3年以上使ってきてさすがに劣化が見え始めたが、それでもこれまでの社外バッテリーよりも圧倒的な耐久性を見せているのは、さすがは純正品と言ったところ。約8000円/1個と圧倒的に高いが、この耐久性と信頼性の高さは他に得難い。お財布に余裕があるのであれば純正品を買い足すのが正解だ。

RAVPower⇒Powerextraの順で購入するのが吉

というわけで、これまで購入してきたLP-E6N互換バッテリーをまとめて紹介してみた。ただ、先述の通りオススメがPowerextraなのは間違いないのだが、その前に一旦RAVPowerの充電器セットを購入するのが最も正解の道筋かもしれない。なぜならバッテリーがダメになっても充電器は使い続けられるからだ。

社外デュアル充電器を単体で購入するのも悪くないが、実は電池とセットで買った方が安かったりする場合がほとんど。まだ純正の充電器しか持ってないよ!という人は、まずはデュアル充電器セットの社外バッテリーを選ぶと、カメラライフがより充実するだろう。