安くて丈夫でUSB3.0の高速データ通信が可能なUSB-Cケーブルセット!AUKEY CB-CMD2

USB Type-Cケーブルが足りなくなってきた。

我が家では自分を含めて3人がUSB-C端子で充電するスマートフォンを所持しているのだが、あっちこっちで使いたいからと、充電ステーションとしてリビングに置いているAUKEY PA-T15に刺しているケーブルを勝手に抜いて持って行ってしまうのだ。

スマートフォンの普及とともに、世の中の小型電化製品の大半がUSB端子からの充電という形式に代わっていって結構な年月が経ったように思う。今や日...

考えてみれば、以前買ったEnacFireのケーブルセットは2セット買ったので、使い勝手のいい1m長のケーブルは我が家に4本しかない。そのうちの2本を僕が仕事場や車に使っているのだから、残りの4本が家庭内で取り合いになるのは当然だった…。

先日スマートフォンをGALAXY S8に買い替えたのだが、この端末、最新機種なだけあって従来のmicroUSBではなくUSB Typ...
スポンサーリンク

規格が多すぎてわけが分からない

世はUSB充電規格の乱立時代である。やれQC2.0やらQC3.0やらPDやらわけが分からない。説明するのもめんどくさいので、詳しく説明してくれているブログへのリンクを貼っておく。

スマートフォン・タブレット向け急速充電の規格が乱立していて分かりにくいので、規格別にどんな仕様になっているのか調べました。

わけが分からないと言いつつも、数多ある充電規格の中で、現時点で最強なのは間違いなくPD規格であることは間違いない。最大電圧も電流もPDが一番高く、規格も明確で安心。これに対応したケーブルを買えば最強だ!

…だけども、現状のUSBケーブルでPD給電対応のものを買おうとすると結構値が張ってしまう。1本だけなら問題ないが、家族の平穏を守るためにもなるべく安く手に入り、ついでに現状の不満を解決できるものがいい。

USB3.0規格品がいい

現状のケーブルの気になっている点といえば、USB2.0規格品であるという点。さすがに今どき2.0はなぁ~という気分になるが、あれを買った時はとりあえず安くて充電できるケーブルが複数本欲しかったのだ。今回も安くて複数本という条件は一緒だが、どうせ買い足すならUSB3.0規格のものが欲しい。そして値段と性能の折り合いの付くものを探し、購入したのがこれ。

AUKEY USB-Cケーブル 5本セット CB-CMD2

AUKEYのCB-CMD2。

  • 0.3m×1本
  • 1m×3本
  • 2m×1本

の5本セット。取扱説明書には日本語は無かったが、特にそれが必要になる商品でもない。ケーブルをまとめることのできるバンドも付属している。購入時はプライムセールの対象だったこともあり結構お買い得な値段で買えた。

最大転送速度5Gbps 最大出力3A

それを求めて買ったのだから当然だが、AUKEY CB-CMD2はUSB3.0規格のケーブル。ゆえに最大転送速度は5Gbps≒625MB/sを誇る。今現在我が家にはUSB-Cで接続できる機器がスマホ以外になく、この転送速度をベンチマーク出来ないのだが、GALAXY S8とパソコンを接続して中のデータを覗いてみたところ、USB2.0ケーブルよりも体感的に速く画像データなどを閲覧することができた。

また最大出力は3A(最大電圧は不明)なので、最大20V/5AのPD給電には対応していないが、QC2.0やQC3.0には対応できる。高速充電可能なケーブルだといえる。

アルミコネクタ+ナイロンメッシュで丈夫、だが硬い

USB-A、USB-C両方ともにコネクタはアルミ合金で覆われている。銀色に塗装されたコネクタの質感はあまり高いとは言えないが、目立たず、けれども確実に認識できるので、コネクタを探しやすい。コネクタからケーブルの間には硬質の樹脂カバーが装着されている。またUSB-Cコネクタは若干大きめな印象。

ナイロンメッシュに覆われたケーブルは割と太めで、机の角などにひっかけてみても傷つきそうにない丈夫さを感じるが、その分柔軟性に少し欠ける。しなやかとは言いずらいが手で曲げれば比較的小さい曲率で曲げることも可能。ただしスマートフォンにコネクタを接続した状態で、スマホの表裏をひっくり返そうとすると、その動きは可能ではあるがケーブルのツッパリ感を感じる。

少し硬いので自宅での使用がオススメ

ケーブルが全体的に硬く、少し自由度に欠けるので、主に自宅で使用するのに向いているケーブルだと感じた。2mは寝室に、1mは職場や自宅のパソコンに、そして0.3mはモバイルバッテリーとの接続用として使うと5本をいい感じに使うことができるだろう。値段も安く高速充電可能でお得なUSB3.0 Type-Cケーブルだった。