とりあえず一眼レフを持っていきたい時用。Amazonベーシック スリングカメラバッグ 4.5L

5

シェアする

一眼レフは地味に場所を取るし重たいので、「ちょっと出かけて写真を撮りたい」と思った時に持ち出すのがめんどくさい。現代人なら写真なんてスマホで十分。一眼レフの時代は終わったのだ。

スポンサーリンク

Amazonベーシック スリングカメラバッグ 4.5L

そんなことを言って時代を終わらせてしまうのはもったいないので、もっと気軽に持ち運ぶ用の小さいバッグを買ってみた。

それがこの、Amazonベーシック スリングカメラバッグ。サイズは2種類ある中で小さいほうの4.5Lを選んだ。そもそもカメラ・財布・携帯電話+αぐらいを持ち運びたい程度なので、小さいほうが便利だと考えた。

外部寸法は21×22×40cmと、カメラバッグとしてはかなり小型だが、スリングバッグとしてはちょっと大きい印象(特に厚みがある)。

荷室は上下に分かれていて、カメラが入る下段は大きく開く。蓋の裏側にはSDカードを入れるポケットや、ちょっとしたものが入るジッパー付きのポケットが備わっている。

カメラの仕切り板は一般的なマジックテープ止め。硬めのウレタン?が入っており、なおかつウレタンの間には骨となる薄い板が入っているので、上から押しても簡単にはつぶれないようになっている。

なお、マジックテープの固定場所はかなり限られているので、レイアウトの自由度は低め。

カメラ荷室の上側にはマイクロファイバークロスが縫い付けられている。これは別になくてもいいかな…。大きめのタグも邪魔なので、切ってしまったほうがいい気がする。

表のバックルを固定すると、カメラ荷室が横面しか開かないようになる。不用意に空きすぎるのを防ぎつつ、カメラを取り出しやすくする工夫がされている。

カメラ荷室の上には、薄手の物が入るポケットが備わる。カードケースやポケットティッシュ、鍵等を入れるのにちょうどよさそう。

上部荷室はそこそこの容量がある。スマートフォンや二つ折りの財布を入れるのにちょうどよさそう。こちらも蓋の裏側にジッパー付きのポケットを備えている。

表面やジッパーにはAmazon Basicのロゴが入る。正直カッコ良くはないが、そこまで目立つ物でもないので気にしない。

全体的にしっかりとクッションが入っていることや、カメラの仕分け板の中に薄い板が入っていることもあって、安心感は高い。落としたり、押したりされてもバッグの形状を保っているので、中身の保護はしっかりとできていそう。

厚手の肩ベルト+補助ベルト付き

スリングバッグ(肩掛けバッグ)なので、当然太いベルトは一本だけ。右肩から斜めにかける様に設計されている。

販売サイトでアピールされていないが、補助ベルトとして右脇の下を通るベルトが付いている。

肩掛けベルトは厚手で、背面と同じくしっかりとクッションがある。少し柔らかめだが、そこまで重量のあるものを運ぶカバンではないので適切だと思う。

補助ベルトが不要な人は根元のポケット(かなり狭い)に押し込んで収納できるので、通常のスリングバックとしても使える。

レインカバーも内蔵

これまた販売サイトではアピールされていないが、実は背面下のポケットの中にレインカバーが内蔵されている。

ズルズルっと引き出して、ざっと被せるだけで簡単に雨を防ぐことができる。ただ背面は覆えないので、本当の大雨だと心もとないかもしれない。

このレインカバーは、肩ベルトの上下2箇所にベルトを通すことができるようになっている。不用意にカバーが外れてしまうことも防止できる。

カメラボディ+レンズ2~3本が入る

実際にカメラ(EOS 90D)+レンズ()を入れてみた図がこれ。バッテリーグリップ付きやフルサイズのボディは高さ的に厳しそうだが、ミラーレスやAPS-C機、エントリーモデルであれば余裕で収まる。

レンズは直径80mm×高さ120mmぐらいまでなら単品で収まりそう。エントリーモデルのキットレンズや、焦点距離の長くない単焦点レンズなら余裕だろう。

サイドには三脚用のポケットや固定ベルトがある。立派な三脚は無理だが、小型の物であれば収まるのではなかろうか。今回は試しにスマホ用のジンバルを差し込んでみたが、ちょうどいい塩梅だった。

しっかりと体に固定できる

実際に背負ってみるとこんな感じ。そもそもそこまで荷物を入れられないこともあるが、幅広な肩ベルトのおかげでそこまで重さを感じることはない。ベルト調整をすればかなりぎゅっと体に押し付けることもできる。

補助ベルトを利用すれば勝手にカバンが移動することも防げるので、走ったり自転車に乗ったりするときにも便利。

カバンを前に持ってきて素早く撮影が可能。

カメラ荷室の横部分だけを開くと、カメラがパッと取り出せるようになっているので、補助ベルトを解除して、カバンを前に持ってくるだけで簡単にカメラを取り出せる。ふと見かけたシャッターチャンスを逃さず、素早く撮影が可能だ。

お手軽価格だが機能性は抜群

正直言って見た目のおしゃれ感は皆無だが、その分機能性はかなり優れているこのカメラバッグは、最小限の装備で気軽に写真を撮りに行くのにうってつけだと思う。財布とスマホ、一眼レフ、その日の気分で交換レンズを一本入れれば、散歩に出かける準備はばっちり。